地味だけといける。ほか弁の幕の内弁当

お弁当

お弁当を扱っているお店って色々ありますよね。スーパーやコンビニ、お弁当の専門店など様々です。お店ごとに特色があるし、人それぞれ好みも当然あるので、「ここが一番!」と言い切るのは難しいものがあります。私が弁当を買うのに一番利用するのはコンビニが多いですが、たまに所謂「ほか弁」が無性に食べたくなります。

 

私の近所にはコンビニやスーパーと比較するとほか弁のお店が少ない。徒歩圏内だと一軒だけ。そのお店はお店で美味しいのですが、別のほか弁のお店まで車で行くこともあります。

 

最近のほか弁の好みは「幕の内弁当」ですね。コンビニやスーパーで弁当を買う際はどちらかというとややこってりしたものや、パスタなどの洋食が多いのですが、ほか弁の場合はそういったメニューに目移りしつつも幕の内弁当を選ぶことがほとんどです。

 

幕の内弁当だけで数種類あるところもあり、安価〜ちょっと贅沢なものまで揃えてあります。幕の内弁当って、外れの経験がないんですよね。他のメニューだとたまに「ちょっと味付けが合わなかったかな?」というのがままありますが(特に新メニューだと)、幕の内弁当は何故かそれが個人的にはないので不思議です。

 

幕の内は品数が多いのが特徴なので一つくらい自分に合わないものがあっても気にならない。他のメニューだとメインになる料理が合わないと、サブの品でカバーするのが難しいからかもしれません。幕の内弁当はどちらかというと地味な存在なので、選択肢にあがらない人が多いかもしれませんが、試しに食べてみてください。中々いけますよ。